シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月21日のロードバイクトレーニング。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月21日。いつもよりも距離を乗ることに。

100キロ走るつもりでスタートする。

実はこの時グローブが冬用のしかなかったのは最悪な事実ですが。。。

定番の山崎コースを走り始めるも、序盤から上り坂に足を削られていく始末。

いつもなら狸のところで休憩をとるんだけど、たいこ弁当がつぶれて入れなくなっていたので、休憩もできずに先へと走らせていた。

実はこれが後々のダメージを蓄積することも露知らずに。。。

少しなんかしてチェリオの自動販売機の前で1度目の休憩をとる。

やはり通常の体調とは全く違うのがまざまざと知らされていた。

少し長めに休憩をとるもなんかしっくりこなかった。

1回目の休憩ミックスフルーツなんかのんで、糖分補給をしてみたりとまだ余裕が少し感じていたのだが。。。

先を急ぐべくペダルを踏んでいく。

そして少しずつ右太ももに異変が。。。そう、筋肉痛が徐々に出てき始めたのだった。

ただ、そこで終わりではないのでだましだまし先を急いで走っていく。

ここでなぜか地味に長く緩い坂を走っていたので、更に足には疲労がたまっていく羽目に。

そろそろやばいと感じて2回目の休憩をとることに。

のどかな風景

そうこの時はまだ序の口だったのです。

ここで少し下って更に先を急いでいたら、ドーンっと右太ももに激痛が走った。

ヤバス・ヤバスと思いいつもの休憩場所まで騙し騙し走って到着して、左足のビンディングペダルを外した時、ドカーーーーンと左太ももに激痛が!!!!

まずいと思い右足のビンディングペダルを外すと更に右太ももにもドーンと鈍痛が走り更にふくらはぎまでつりだす始末。

運よく左手を少し伸ばすと自動販売機に手が届いたので転倒することなく2分ほどその場から動けない状態になったw

少し痛みが引いたので自転車を降りて、ゆっくりと地面にしゃがみこんだ。

そう。この時はなぜ走っているのか愚問していたりwしかし、帰らなければいけない!

この足の痛みを引きずったままに。

もうここからは爆弾を抱えながらの走行ですわ。いつ爆発するのかわからないまま

なるべく登りを走らないようにして家路を急いでいたんだけど、家に帰る直前は絶対に登らないといけない坂があるのでここでは、ギアを軽くして足に負担をなるべくかけないようにして何とか家にたどり着いた。

もうね~。痛いのなんのって。チェーンだけ清掃してすぐにシャワーを浴びて足を開放するのが精いっぱいだったよ。

こんなのでこの先走れるのでしょうかね。。。。

つづく。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする